一般皮膚科

ホーム > 一般皮膚科

一般皮膚科診療について

皮膚科の網羅する範囲は驚くほど幅広いです。肌あれ、かぶれ、ニキビ、いぼ、水虫、アトピー性皮膚炎、乾癬、掌跡膿疱症、じんましん、全身ウイルス感染症、膠原病、良性腫瘍・皮膚がん、切り傷、やけど……。

食餌アレルギー、虫さされ、やけどなどの急性疾患がある一方、長く経過をみていかなければいけない病気も大変多いです。確定診断のためには、血液検査やアレルギーのテストだけでなく、場合によって、組織検査(皮膚生検術)が重要になることもあります。

皮膚はまさに全身の"WINDOW"―心身の状態を反映していることも少なくありません。

皮膚に何も病的な状態がなくても、不安やストレスからかゆみを感じることもあります。皮膚は毎日の変化がご本人にもみえるので、時にご不安になることもあるかもしれませんが、まさにその心の状態が経過を左右することがあるのです。

また、皮膚のちょっとした変化が全身あるいは内臓疾患のサインのこともあります。内科、婦人科、心療内科など基礎疾患が疑われる場合、あるいはより専門的な検査や治療が必要な場合は、近隣の専門科あるいは大学病院などの高次機関と連携して治療に取り組んでいます。

皮膚科疾患は慢性的なものが多く、再発を防ぐために体質を変えたい、原因を調べたいという方も少なくありません。しかしながら皮膚疾患には、保険内でのアプローチではまだまだ診断がついても皮膚科学的に原因が不明のものが多いのです。まず対症療法を始めて頂くことが必要の場合もあるということをご理解ください。

保険の範囲ではありませんが

科学的根拠がでてきても、診断や治療が保険適応となるまではかなりの年月を必要とします。

銀座スキンクリニックでは、長年のレーザーの経験・知識を生かしてイボや酒さなどの治療に対するレーザー治療に積極的にとりくんでいます。また、アトピー性皮膚炎など慢性疾患の治療にメソアクティスによる経皮的薬物導入やメディカルアロマテラピーなどの新しい方法、そして、NAG(N-アセチルグルコサミン)やALA (アミノレブリン酸)をはじめとする基礎医学的エビデンスのある新しい成分による治療も導入しています。

また、必要に応じて、慢性疾患の原因を根本的に探るために、エイジングに関連する検査、慢性フードアレルギーや重金属蓄積の検査、サプリメントやホルモン補充療法などをご提案させていただいています。

診断・治療方針などわからないことやご不安があれば何でも医師やスタッフにおたずねください。専門的なことで難しいかもしれませんが、ご自身のことです。ぜひ内容を理解し納得していただいたうえで一緒に病気に立ちむかっていきましょう。

ホーム > 一般皮膚科

ACCESS

〒104-0061 東京都中央区銀座3-3-14銀座グランディアビルII 3F
東京メトロ銀座線・日比谷線・丸ノ内線「銀座駅」B4またはC8出口より徒歩2分
JR有楽町駅より徒歩5分

OFFICE HOURS

完全予約制
休診日:日曜日・祝日

< 自由診療 >

 
10:00~18:00    
10:00~20:00            

< 保険診療 >

 
10:00~18:00      
10:00~20:00            
ご予約
Facebook
Facebook
Twitter
Line