施術方法

ホーム > 施術内容 > メソテラピー

メソテラピー

メソテラピーは1952年にフランスのDr. Pistorによって始められた手法です。病的な部位の皮内または皮下に、
細い針で少量の薬剤を注入することで、全身あるいは余計な場所への副作用を避けながら効果を最大限発揮する治療法です。

すでにヨーロッパ諸国ではリウマチ、腰痛、神経痛など多領域において活用されており、
特にフランスでは痛みに対する治療法として、2001年に国の機関(l’A.N.A.E.S.=日本の厚労省に相当)が認可しています。

日本ではまだ保険認可されていませんが、ここ5年間ほどで美容領域、とりわけ脂肪溶解術という部分やせのための方法が認知されてきました。
ヨーロッパでは、肌の若返りに対してレーザーなどの機械に頼る治療法よりも主流になってきている治療法です。

当院での治療法

皮下脂肪・セルライトの改善

皮膚科、美容皮膚科領域への適応としては、皮下脂肪・セルライトの改善がまず挙げられるでしょう。脂肪を代謝させる薬剤や循環を促す薬剤を使用して、おなか、腰から太もも、ヒップ、二の腕に貯留した脂肪や水分を代謝させて細くしたり、たるんだ顎や頬のラインを整えていくもので、通常3回ぐらい施行すると効果がでてきます。

細い針で約1cm間隔で深く注入しますので、痛みはなく麻酔なしでも受けることが可能ですが、事前にクリーム麻酔をするとより快適に受けられます。薬剤の反応で施術後に一時的に赤くなったり腫れたりすることがありますので、1回の施術範囲は限定されます。また、顔はその副作用を避けるために、弱めに回数をかけて治療することをお勧めしています。

美肌・若返り治療として

メソテラピーは、ヒアルロン酸、アミノ酸、ビタミンなどを顔全体にナパージュ法というごく浅く注入する手法を使い、顔やデコルテ、首、手などの美肌・若返り治療としても活用されています。痛みはほとんどありませんが、事前にクリーム麻酔をするとより快適に受けられます。

ごく細い針を使用するので、内出血が長引くといった副作用は起ませんが、人によっては数日針穴が赤く残ることもあり、お化粧でカバーしていただかなければならないケースもあります。

この手法でとくにお勧めはヒアルロン酸注射です。通常のヒアルロン酸注入とはイメージが異なり、ほうれい線などの部分にのみ注入するのではなく、顔や首全体に広く浅く注射します。使用するヒアルロン酸も局所にとどまらず広く拡散するタイプです。

局所のヒアルロン酸が人工的な感じがして抵抗がある方、首や手の甲の皮膚が薄くなってしわが気になる方にお勧めいたします。とくに首や手は顔に比べてレーザー治療を積極的に行うのは難しい場所なのでヒアルロン酸のメソテラピーの方が効果的です。

ヒアルロン酸以外にも、肌のハリを出す成分の組み合わせや細胞の代謝を促す細胞成長因子、アミノ酸やビタミンが豊富なプラセンタなどを選択します。

1回だけでも効果はありますが、通常は、2~4週毎の定期的な治療をお勧めします。


フェイシャルトリートメントモニター募集!!

育毛・脱毛にも

男性型脱毛の治療薬として細胞の代謝を促す成分や血行を促して毛孔の発育を促す血管拡張剤やビタミンなどを、気になるところに浅く注射します。

女性も、年齢とともに気になってくる頭頂部などの薄毛や細くなった毛、白髪の治療としてもお勧めです。通常週1~2回のペースで8回が1クールです。内服薬の補助方法としての相乗効果も期待できます。

脚などのむくみ改善効果も

立ち仕事などによる気になる脚のむくみから、リンパ腺をとる手術の後の腕や脚の慢性的なひどいむくみに対する治療まで、メソテラピーは効果が期待できます。

ホーム > 施術内容 > メソテラピー

ACCESS

〒104-0061 東京都中央区銀座3-3-14銀座グランディアビルII 3F
東京メトロ銀座線・日比谷線・丸ノ内線「銀座駅」B4またはC8出口より徒歩2分
JR有楽町駅より徒歩5分

OFFICE HOURS

完全予約制
休診日:日曜日・祝日

 
10:00~18:00    
10:00~20:00            
ご予約
オンライン診療
Facebook
Facebook
Twitter
Line