症状別ケア

ホーム > 症状別ケア > 脱毛

脱毛

レーザー脱毛は院長坪内のボストン留学時代の恩師でもある
ハーバード大学皮膚科のロックス・アンダーソン医師(Dr. R Rox Anderson)らによって1995年に確立されました。

レーザー脱毛のメカニズムは、光が選択的にメラニンに吸収されて熱変性を起こさせるのです。
メラニンは毛に最も多いので、毛の組織が壊され生えなくなる、というわけです。

こんなお悩みがあるの方

  • 毛が濃いのが気になる
  • エステで脱毛したが効果がいまいち実感できない
  • 自己処理で肌荒れしてしまった

当院での治療法

医療機関で安心・安全なレーザー脱毛を

レーザー脱毛が始まった頃は毛自体がターゲットになっていましたが、最近では毛を作る周囲の組織の幹細胞にダメージを与えた方がより効果的、との理解になっており、脱毛レーザー機器もそうした使い方が推奨されています。

ただし、メラニンは皮膚の表面の基底層にもあるため、やり方によっては熱によってやけどを起こす可能性があります。

また、乳輪部やビキニライン、そして肌の色が濃い方は、色素沈着になるリスクがあり使用する機器や設定を変える必要があります。そのため、他の方よりも効果が出るペースが遅くなることがあります。

一方、産毛のように細く色がない毛は、光を吸収しにくいため脱毛効果が弱くなります。

レーザー脱毛に関して1年以上の経過を追った臨床研究結果はありませんが、熱で毛を作る組織が完全に変性すれば再生は不可能、つまり永久脱毛が期待できるということが言えるでしょう。

ときにごく一部の毛は何度やっても反応しない、あるいは逆に細くなったけれども長くのびるという現象があります。このメカニズムはまだ不明ですが、レーザー専門医の間では、弱い熱が何らかの生体刺激となるのではと考えられています。

乾燥肌におすすめの治療法

その他の症状別ケア

  • 乾燥肌・敏感肌

    本来問題のない刺激に対しても肌が過敏に反応してしまい、いわゆる敏感肌になってしまいます。症状に応じた適切な治療を提案させていただきます。

  • シミ・美白

    美白を邪魔するシミ。ただ、一口に「シミ」といってもその種類はさまざまで、治療のアプローチ方法も変わってきます。適切に対処していくことが重要です。

  • 肝斑

    頬骨あたりや額、口の周りなどに左右対称に出来るシミです。輪郭がハッキリせず、もやっと薄い褐色で現れる事が特徴です。適切に対処していくことが重要です。

  • しわ

    コラーゲンやエラスチンは減少・変性や、紫外線、乾燥などしわになる原因はさまざまです。症状に応じた適切な治療を提案させていただきます。

ホーム > 症状別ケア > 脱毛

ACCESS

〒104-0061 東京都中央区銀座3-3-14銀座グランディアビルII 3F
東京メトロ銀座線・日比谷線・丸ノ内線「銀座駅」B4またはC8出口より徒歩2分
JR有楽町駅より徒歩5分

OFFICE HOURS

完全予約制
休診日:日曜日・祝日

 
10:00~18:00    
10:00~20:00            
ご予約
オンライン診療
Facebook
Twitter
Line