症状別ケア

ホーム > 症状別ケア > ニキビ

ニキビ

ニキビは、毛穴がふさがれて皮脂がたまり、アクネ桿菌(かんきん)が増殖して炎症を起こすことが原因。
初期の段階を「コメド」といい、毛穴の入り口の角化異常による皮膚(表皮、角質)の肥厚、つまり毛穴が詰まった状態となっているのです。

ちなみに、頂点が白いものを白ニキビ、毛穴にメラニンが増えて黒く見えるものを黒ニキビと呼びます。
そして、もともと皮膚の常在菌であるアクネ桿菌などがさらに増えてくると、赤く腫れて炎症性のニキビになるのです。

最近マスコミで「大人ニキビ」という言葉が頻繁に聞かれますが、基本的にニキビができるメカニズムは10代と何ら変わりありません。
ただ、悪化をもたらす皮脂の分泌の活性化が、思春期は生理的に男性ホルモンが増加する要素が強いのに対して、
大人では心身のストレスが強く関係すると考えられています。

こんなお悩みがあるの方

  • 毎回同じ場所にニキビができてしまう
  • 赤いニキビが目立ってイヤ!
  • 治ったと思ったらまた出てきちゃった。
  • 新しいニキビはできないけど、ニキビ痕が気になる…
  • 保険のお薬だけじゃなく、もう一歩進んだ治療にトライしてみたい!

当院での治療法

ニキビの原因と種類

最近マスコミで「大人ニキビ」という言葉が頻繁に聞かれますが、基本的にニキビができるメカニズムは10代と何ら変わりありません。ただ、悪化をもたらす皮脂の分泌の活性化が、思春期は生理的に男性ホルモンが増加する要素が強いのに対して、大人では心身のストレスが強く関係すると考えられています。

20代以降は頬から顎にかけてのヒゲのエリアである「Uゾーン」にニキビができやすいのも、ホルモン性ではないかとの推測の背景となっていますが、医学的な根拠は明らかにされていません。また、顔・クビの上方にできることもよくあります。これに対する理 由もまだ明らかにされていません。試験前に悪化するという疫学的論文もあり、精神的ストレスや睡眠・栄養不足が何らかの形で関与することは明らかですが、詳細はまだまだ不明です。

一方、ストレスや紫外線、タバコなどにより、皮膚内の活性酸素が増えることがニキビ悪化の要因であることもわかっています。以前から皮膚科で外用ビタミンCローションが処方されてきたのは、この活性酸素を取り除く抗酸化作用による効果を期待してのものです。

なお、しつこいニキビの場合には、婦人科的な病気やホルモン異常など、基礎疾患に原因があるとも考えられます。下手に自己治療や化粧品類に頼らず、皮膚科の専門医に診察してもらった方が良いでしょう。

ニキビの治療

日本では、世界各国で標準治療薬であるビタミンA酸的外用薬(トレチノイン、アダパレン)が長らく認可されておらず、「ニキビ治療の後進国」の状態を大変残念に感じていました。

当クリニックでは、開院以来自由診療でトレチノイン外用を処方してきましたが、2008年10月にやっと日本でもアダパレンが保険で使用できるようになり、これで世界の標準治療にやっと一歩近づけました。慢性的でも軽度であれば保険外用剤で治療を維持する道が開けたというわけです。

その一方で、炎症が強く慢性的な症状が続き、赤い痕が残ったり、凹んだ痕(瘢痕)がある場合には、残念ながら保険治療だけではカバーが難しいのが実情です。抗生物質内服は新しい炎症性のニキビを抑えますが、以前から懸念していた長期服薬による耐性菌の問題は、最近ようやくクローズアップされてきています。

今後はより適切な抗生剤内服が推奨されてくるでしょうが、いずれにしても赤いポツポツが引いた後の赤い痕に抗生剤内服は効果が見込めません。こうした症状には、保険は効かないものの光治療やケミカルピーリングが効果の高い治療と認知されています。

日本皮膚科学会のニキビ治療ガイドラインでも同様の考え方が示されています。長引く赤みや瘢痕には様々なレーザー・光治療の学術報告が出てきており、高い効果が期待できます。ビタミンC導入の方法も従来のイオントフォレーシスより、大量に導入できるエレクトロポーレーションなどの技術が発展し短期間での治療が可能になってきています。

ニキビ治療の最終ゴールは、炎症後の瘢痕(ニキビ跡)を防ぐことです。くぼんだニキビ跡は治すのが非常に大変です。10代であっても、ひどい場合は早めの治療をお勧めします。

その他の症状別ケア

  • 乾燥肌・敏感肌

    本来問題のない刺激に対しても肌が過敏に反応してしまい、いわゆる敏感肌になってしまいます。症状に応じた適切な治療を提案させていただきます。

  • シミ・美白

    美白を邪魔するシミ。ただ、一口に「シミ」といってもその種類はさまざまで、治療のアプローチ方法も変わってきます。適切に対処していくことが重要です。

  • 肝斑

    頬骨あたりや額、口の周りなどに左右対称に出来るシミです。輪郭がハッキリせず、もやっと薄い褐色で現れる事が特徴です。適切に対処していくことが重要です。

  • しわ

    コラーゲンやエラスチンは減少・変性や、紫外線、乾燥などしわになる原因はさまざまです。症状に応じた適切な治療を提案させていただきます。

ホーム > 症状別ケア > ニキビ

ACCESS

〒104-0061 東京都中央区銀座3-3-14銀座グランディアビルII 3F
東京メトロ銀座線・日比谷線・丸ノ内線「銀座駅」B4またはC8出口より徒歩2分
JR有楽町駅より徒歩5分

OFFICE HOURS

完全予約制
休診日:火曜日・日曜日・祝日

 
10:00~18:00      
10:00~20:00            
ご予約
オンライン診療
Facebook
Twitter
Line